小林健太、高田優希パフォーマンス「#VISUALINERTIA」トークイベントも開催

小林健太「The Magician’s Nephew」展関連イベント。

20 December 2019

AREA

群馬県

Share

小林健太、高田優希「SOUND&VISION」2015年 © Kenta Cobayashi

小林健太、高田優希「SOUND&VISION」2015年 © Kenta Cobayashi

群馬県・rin art associationで開催中の小林健太個展「The Magician’s Nephew」関連イベントとして、高田優希とのコラボレーションによるパフォーマンス作品「#VISUALINERTIA」が12月22日(日)発表される。

小林は自身が撮影した写真に対し、Photoshopのスマッジツール(指先ツール)によって、編集時の指先の動き=ストロークを刻む作品を作り続けてきた。2015年にVacantで発表した「SOUND&VISION」をさらに発展させた本作では、高田が開発したアプリケーションにより小林の制作プロセス(イメージ編集)、そして指先の動き=ストロークを、身体的・空間的・音響的に拡張することを試みる。

タイトルの「#VISUALINERTIA」は、本作を支える技術である Visual Inertial Odometryから来ており、これは通常カメラの映像と慣性計測装置を用いて、3次元空間内での自己位置を推定するために使われるもので、空間内でデバイスが移動した距類を測ることができるもの。一方で、スマッジツールの視覚(Visual)的な慣性、惰性、緩慢さ(Inertia)も表現している。なお同日15:00より、小林と美術家・やんツー、水戸芸術館現代美術センター学芸員・山峰潤也とのトークイベントも開催される。

タイトル

パフォーマンス「#VISUALINERTIA」/やんツー×小林健太×山峰潤也トークイベント

日時

2019年12月22日(日)

会場

rin art association(東京都)

時間

・14:00~:パフォーマンス(20分程度)
・15:00~:トークイベント