家族・パートナーとポートレイト撮影、日常記憶地図×清澄白河写真室「家族の風景を共有する」

参加申込は2月11日(火・祝)まで。

07 February 2020

AREA

東京都

Share

日常記憶地図

昔ながらのまちの写真館の役割を担いながらも、“まち” “ひと” “写真”にまつわるさまざまな活動に取り組む清澄白河写真室が、サトウアヤコによる「日常記憶地図」とコラボレーションし「家族の風景を共有する」プログラムを2月29日(土)にトライアル開催する。

「日常記憶地図」とは、個人の数年~数十年の日常や記憶・愛着を、地図とインタビューでアーカイブするプロジェクトで、その「深川・清澄白河編 1960-2019」は、東京都現代美術館「MOT サテライト2019 ひろがる地図」の作品として展示された。

本プログラムでは「日常記憶地図」の手法を使って家族もしくはパートナーの話を相互に聞いた上で、家族・パートナーとのポートレイトを撮影する。参加申込は2月11日(火・祝)まで。

タイトル

日常記憶地図×清澄白河写真室「家族の風景を共有する」プログラム

日程

2020年2月29日(土)

会場

リトルトーキョー 2F(東京都)

時間

13:00~16:00

料金

10,000円/1組(1名あたり5,000円)

定員

3~4組

申込締切

2020年2月11日(火・祝)

URL

https://www.kiyosumishashin.com/mylifemap200229