ベイルート爆発事故の被害者に寄り添うチャリティプリントセール「For the Love of Beirut」

レバノンや中東をはじめ60人ものアーティストが参加。

19 August 2020

Share

Tanya Habjouqa

Tanya Habjouqa

今回のベイルート爆発事件の被害者に寄り添い、支援するために今月10日、プリント・セール「For the Love of Beirut」が発足された。本企画は、中東でアーティストや学者、出版社などのコラボレーションを支援するビジュアルプラットフォームRuwaと、ドバイ拠点のフォトグラフィーセンターGulf Phot Plusのほか、Beirut Center of Photography、音楽系プラットフォームIn My House、オンラインジャーナルJadaliyyaの5団体によるコラボレーションで立ち上げられた。

新型コロナウイルスの感染拡大がまだ落ち着かぬ中、新たな災害に直面するベイルート市民。8月4日に起こったふたつの爆発によって、200人に以上もの死者に加え、6,000人が負傷、30万人が住居を失った。前代未聞の規模の事故によって被害を受けた人々をサポートすることを目的としたこのプロジェクトは、全利益がレバノン赤十字に寄付される。

レバノンや中東をはじめ、各国から60人もののアーティストが集まり、NOORのペップ・ボネやマグナムのニューシャ・タヴァコリアンなど世界的写真機関に所属している写真家を含む多くの作家がプリントを提供している。各10×15インチのアーカイブプリントは$135で販売され、高いクオリティに対して手軽な価格で、世界各所への発送も対応している。8月26日、ベイルート時間午前0時にクローズのプリントセールまで、あと9日。あなたが購入するその一枚が、いまベイルートにいる誰かの助けになり、事態収束につながる一枚となるかもしれない。

タイトル

「For the Love of Beirut」

期間

~2020年8月26日(水)

URL

https://gulfphotoplus.com/fortheloveofbeirut

Omar Sfeir

Myriam Boulous

Mohamed Al Kouh

Newsha Tavakolian