長島有里枝&ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ「Forever is Composed of Nows」展、初披露作品も

長島有里枝&ミヨ・スティーブンス-ガンダーラ「Forever is Composed of Nows」展が、11月21日(火)より東京・外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYで開催。

16 November 2017

AREA

東京都

Share

ミヨ・スティーヴンス=ガンダーラ Nightwalking, Indiana 2011 C-print

ミヨ・スティーヴンス=ガンダーラ Nightwalking, Indiana 2011 C-print

個展「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々」を開催中の長島有里枝と、ロサンジェルスを拠点に写真、ドローイングなど多彩なメディアの作品を制作するアーティスト、ミヨ・スティーブンス-ガンダーラによる二人展が開催される。

1998年に大学の講評会で出会い、すぐにお互いに惹かれるものを感じたという二人は、以来20年近くにわたってアートに関わる友人同士として交流を深めている。

本展「Forever is Composed of Nows」では、二人の創作上の起点を感じさせる作品と、現在およびこれからの表現上の可能性を指し示す作品を展示。長島は、渡米中の1997年に制作したスケートボードの作品5点と、アメリカ各地でカメラにおさめた植物の写真を初披露。ミヨは、2016年より取り組んでいる「Wunderkammer(脅異の部屋)」シリーズを日本では初めて発表するほか、自身の幼年期と密接に結びつくインディアナ州やケンタッキー州の風景を収めた「The Wilderness of Childhood(幼年期の荒野)」のシリーズから印象的な1点の写真作品を展示する。

タイトル

「Forever is Composed of Nows」

会期

2017年11月21日(火)~12月22日(金)

会場

MAHO KUBOTA GALLERY(東京都)

時間

12:00~19:00

休館日

日月曜・祝日

URL

https://www.mahokubota.com/ja/exhibitions/1340/

ミヨ・スティーヴンス=ガンダーラ Wunderkammer Series-Pomegranate C-print

長島有里枝 Backstreet Billiards 1997 写真乳剤、スケートボード