現代の新たなロマンを見出す
「ビルディング・ロマンス」展に志賀理江子ら

「ビルディング・ロマンス‐現代譚(ばなし)を紡ぐ」展が、4月8日(日)まで豊田市美術館で開催中。

29 January 2018

AREA

愛知県

Share

飴屋法水 2017年 参考写真 / Norimizu Ameya 2017 reference photography

飴屋法水 2017年 参考写真 / Norimizu Ameya 2017 reference photography

本展タイトルにある“ビルディング・ロマンス”とは、19世紀ヨーロッパ“成長譚(ビルドゥングス・ロマン)”から来た造語。20世紀以降の芸術は、ロマン派以来の人間的な重さを逃れて純粋な芸術を目指し、その分生と切り離された様式性に向かうようになった。

本展は、現代の美術から切り離された“物語”や“ロマン”を、再び現在の表現に探ることで、観客と展覧会の新たな結びつきを目指し、家族や恋人、土地など身近なものとの関わりの中から、現代における新たな“ロマン”を見出そうとする試み。

出展作家には、飴屋法水、スーザン・ヒラー、演劇・パフォーマンスなど多様な分野で活動する団体「悪魔のしるし」、志賀理江子、アピチャッポン・ウィーラセタクンの5名が参加。会期中には、学芸員によるギャラリートークや、悪魔のしるしによるパフォーマンスも行われる。

【ご招待券プレゼント】
IMA MEMBERS限定で本展の招待券を5組10名様にプレゼント。締切は2018年3月1日(木)まで。 受付終了

タイトル

「ビルディング・ロマンス‐現代譚(ばなし)を紡ぐ」

会期

2018年1月20日(土)~4月8日(日)

会場

豊田市美術館(愛知県)

時間

10:00~17:30(入場は閉館の30分前まで)

休館日

月曜(2月12日は開館)

入場料

【一般】1,000円(800円)【高校・大学生】800円(600円)【中学生以下】無料*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金/障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、および豊田市内在住の75才以上は無料(要証明) 

URL

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2018/special/buldingRomance.html

危口統之と悪魔のしるし 《搬入プロジェクト #9 バーゼル/スイス(テアターフェスティバル・バーゼル)》 2012 年 / Noriyuki Kiguchi and AKUMANOSHIRUSHI CARRY IN PROJECT #9 Basel/ Switzerland (Theater Festival Basel) 2012 photo: Simon Baur

スーザン・ヒラー 《Lost and Found》 2017年 / Susan Hiller Lost and Found 2017 ©Susan Hiller, Courtesy Lisson Gallery.

志賀理江子 2017年 タイトル未定 / Lieko Shiga 2017 title TBD

アピチャッポン・ウィーラセタクン 《ブンミおじさんへの手紙》2009年 / Apichatpong Weerasethakul A Letter to Uncle Boonmee 2009 ©Apichatpong Weerasethakul courtesy of Kick the Machine and SCAI THE BATHHOUSE

Share