新ギャラリー・KKAG開廊記念展
「植田正治 べス単写真帖 白い風」

KKAGオープニング記念企画展「植田正治 べス単写真帖 白い風」が、3月3日(土)まで開催中。

05 February 2018

AREA

東京都

Share

© Shoji Ueda Office

© Shoji Ueda Office

会計専門家としてアートビジネスを支援する公認会計士・税理士の桑原清幸が主宰するアートギャラリー・KKAG(Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery)が、東京・馬喰町に開廊。現在、オープニング記念企画展として「植田正治 ベス単写真帖 白い風」が行われている。

本展では、1912年にコダックから発売された「ベスト・ポケット・コダック」の単玉レンズを使用したモデルである通称「ベス単」で撮影されたシリーズ「白い風」から10点を展示。本作は、植田が青年期に自らも愛用していた「ベス単」による撮影を、1980年代の日本の風景の中で蘇らせたカラー写真シリーズとなる。

タイトル

オープニング記念企画展「植田正治 べス単写真帖 白い風」

会期

2018年1月31日(水)〜3月3日(土)

会場

KKAG(東京都)

時間

15:00~21:00

休廊日

日月火曜

URL

https://www.facebook.com/events/163329981058784/

Share