ブータンの社会問題を切り取る、
関健作「OF HOPE AND FEAR」展

3月28日(水)から銀座ニコンサロン、4月26日(木)から大阪ニコンサロンで開催。

16 February 2018

AREA

東京都、大阪府

Share

OF HOPE AND FEAR

昨年、第13回「名取洋之助写真賞」を受賞した関健作の写真展「OF HOPE AND FEAR」が、3月から5月にかけて銀座と大阪のニコンサロンで開催される。

本展は若者たちの失業率が高いブータンで、HIPHOPに魅了され夢を思い描くブータンの若者の物語。保守的な仏教国のブータンで、HIPHOPを通して自分たちの存在を模索する若者たちの姿を、首都ティンプーに住む18歳の若者、クンザン・チョゲルを通してとらえている。

▼東京
タイトル

「OF HOPE AND FEAR」

会期

2018年3月28日(水)〜4月3日(火)

会場

銀座ニコンギャラリー(東京都)

時間

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

休館日

日曜

URL

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html

▼大阪
タイトル

「OF HOPE AND FEAR」

会期

2018年4月26日(木)〜5月2日(水)

会場

大阪ニコンギャラリー(大阪府)

時間

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

休館日

日曜

URL

http://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/events/201706/20180328.html