独特の空気感で惹きつける、
松藤美里「Plans Are For the Poor」展

松藤作品の魅力を体感する展覧会が六本木・クリアエディションで開催中。

16 February 2018

AREA

東京都

Share

Plans Are For the Poor

東京を拠点に活動する1991年生まれの写真家・松藤美里の個展「Plans Are For the Poor」が、六本木・クリアエディションで2月24日(土)まで開催されている。

本展のキュレーションはアーティストの中村穣ニ。本展の開催にあたって以下のようにコメントを寄せている。

—–
この度、松藤美里の個展「Plans are for the poor 」をキュレーションさせて頂きます。彼女の作品からはとても不思議な「距離感」を感じます。その距離感は情景と風景というような、近いものもあれば時に遠いものもあり。そしてその両方に何かしらの感情を感じる事ができ、それが作品の魅力となっていると思います。

―中村穣二(Webサイトより引用)
———-

独特の空気感で惹きつける、松藤作品の魅力を体感してみてはいかがだろうか。

タイトル

「Plans Are For the Poor」

会期

2018年2月10日(土)〜2月24日(土)

会場

CLEAR EDITION & GALLERY,Tokyo(東京都)

時間

11:00〜19:00

休館日

日月曜、祝日

URL

http://www.clearedition.jp/web/plansareforthepoor-3269.html

Share