石川竜一、ベク・スンウ、李岳凌によるシリーズ
「About the photographs, About us, Asia」展

劇団「地点」と赤々舎が共催する展覧会シリーズが京都で開催。

16 March 2018

AREA

京都府

Share

© Yehlin Lee

© Yehlin Lee

東アジアを拠点に国際的に活動する写真家による展覧会シリーズ「About the photographs, About us, Asia」が、314日(水)から京都・アンダースローでスタートした。

本展は京都の劇団「地点」と赤々舎が共同主催。サウンドアートの創作から写真に転じ、台湾の新しい世代を牽引する李岳凌(リー・ユエリン)、国内外での個展も多く、現在最も注目される写真家の一人である石川竜一、そして昨秋、川内倫子との共著『Composition No.1』も刊行されたアジアを代表するアーティスト、ベク・スンウの3名による連続企画展として行われる。

3つの展覧会共通の会場となる「アンダースロー」は、ライブハウスを劇場としてリノベーションした地下空間となっている。普段は演劇のための空間として観客が集う場所に、写真家による視点がどのように立ち現れるのかを見届けてみては。会場では、作家の来日イベントや、関連書籍コーナーの展開される予定だ。

タイトル

「About the Photographs, about us, Asia」

会期

・2018年3月14日(水)〜26日(日)vol.1 リー・ユエリン「Raw Soul」
・2018年3月28日(水)〜4月12日(木)vol.2 石川竜一「home work」
・2018年5月24日(木)〜6月24日(日)vol.3 ベク・スンウ「(タイトル未定)」)

会場

アンダースロー(京都府)

時間

13:00〜20:00(各展初日のみ18:00から)

入場料

【一般】800円【学生】500円(いずれも1 drink付き)【シリーズ共通チケット】2,000円 

URL

https://www.chiten-akaaka.com

© Yehlin Lee

© Yehlin Lee

© Ryuichi Ishikawa

© Ryuichi Ishikawa

© Ryuichi Ishikawa

©︎ Seung Woo Back

©︎ Seung Woo Back

Share