MOTOKO「田園ドリーム2018」展、
「写真で地域を元気にする」クロストークも

地方で撮影をはじめて12年、MOTOKOの田園取材の結晶。

28 May 2018

AREA

東京都

Share

田園ドリーム2018

東京写真月間2018の一環として、MOTOKO「田園ドリーム2018」展が6月1日(金)からオリンパスギャラリー東京で開催される。

2006年の雑誌の取材で瀬戸内の島々を訪れたことをきっかけに、地方で撮影をはじめたMOTOKO。それから12年以上経つ現在もなお、地方での撮影を継続している。滋賀のプロジェクト「田園ドリーム」をスタートさせると、「ローカルフォト」というプロジェクトに発展。現在では滋賀県長浜市だけでなく、香川県小豆島町、神奈川県真鶴町など多くの街に通っている。

プロジェクトを通じて“わたしの写真”から“わたしたちの写真”に変わっていき、“どんな写真を撮ろうか”から“写真をどのように扱うべきか”を意識し始めたというMOTOKO。本展では、これらの田園取材で撮影された写真群が展示される。

さらに6月3日(日)には「オリンパス ローカルフォトサミット2018」としてギャラリートークに加え、2本のクロストーク「写真で地域を元気にする」を通じて、写真を用いた地域の発信について考えていく。

タイトル

「田園ドリーム2018」

会期

2018年6月1日(金)〜6月6日(水)

会場

オリンパスギャラリー東京(東京都)

時間

11:00〜19:00(最終日は15:00まで)

休館日

木曜

URL

https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/1143

Share