“写真を撮る”の限界へ挑戦、
ベク・スンウ「Volatile Judgement」展

赤々舎の連続企画展「About the photographs, About us, Asia」の第3弾。

28 May 2018

AREA

京都府

Share

Volatile Judgement

京都に拠点を置く地点と赤々舎の連続企画展「About the photographs, About us, Asia」の第3弾となるベク・スンウの「Volatile Judgement」が京都・アンダースローで7月15日(日)まで開催中。

ふたつのシリーズを再構成し、現在手がけている新作の一部の作品を加えた本展には、自身で撮った写真もあれば、そうではない写真も含まれており、写真を撮る行為における作家の介入の限界への挑戦を垣間見ることができる。

作品は、それぞれサイズの異なる29個のボックスに入っている84点の写真で構成される。これらのボックスは、個々に分離され組み合わさったり、あるいは、大きなひとつのボックスとしても展示されるとともに、移動先のサイズや形状に沿って展示され、展示が終わるとひとつにまとまり、また別の場所へ移動していく。

現実を再現して意味を伝達するのではなく、多様な形の現実やイメージを積極的に再結合させるベクの作品は、写真という概念を逸脱、あるいは拡張し、対象よりも重要な視点を見るものに提示する。

タイトル

「Volatile Judgement」

会期

2018年5月24日(木)〜7月15日(日)

会場

アンダースロー(京都府)

時間

13:00〜20:00

入場料

【一般】800円【学生】500円

URL

https://www.chiten-akaaka.com/seungwooback

Share