須田一政「Childhood Days」展、テーマは“幼年時代”

須田一政「Childhood Days」展が、6月1日(金)からAKIO NAGASAWA GALLERY GINZAで開催。

31 May 2018

AREA

東京都

Share

Childhood Days

須田一政は1940年、東京都生まれ。1967年より寺山修司主宰の演劇実験室「天井桟敷」の専属カメラマンとなり、1971年よりフリーランスの写真家として活動を開始。1976年に「風姿花伝」で日本写真協会新人賞を受賞し一躍注目を浴びる。現実と非現実の間に漂う一瞬をとらえた作品は、海外での評価も高い。

本展では、“幼年時代”をテーマとした同名写真集『Childhood Days』の作品を展示する。

タイトル

「Childhood Days」

会期

2018年6月1日(金)〜7月22日(日)

会場

Akio Nagasawa Gallery Ginza(東京都)

時間

11:00〜19:00

休館日

月火曜

URL

http://www.akionagasawa.com/jp/exhibition/childhood-days/

Share