3,000人以上が体験した“鋭漂”という作品発表の形、
天野裕氏「鋭漂」 展

天野裕氏「鋭漂」 展が、8月30日(木)まで馬喰町・Kanzan galleryで開催中。

06 August 2018

AREA

東京都

Share

鋭漂

「感情」「情動」をキーワードに、写真を撮る・見るという行為を考察する展覧会シリーズ「Emotional Photography」の第1弾として、天野裕氏「鋭漂」展がKanzan Galleryで8月1日(水)より開催中。

天野はこの10年ほど“鋭漂(えいひょう)”という形態での作品発表を全国各地で行ってきた。その内容は、Twitterで日時と場所を指定し、その場所に来た人が料金を支払い、天野の自製写真集を観覧するというもの。渋谷センター街のマック、新宿の喫茶店、大阪のバー、茨城の美容院、道端や公園、車の中などさまざまな場所でこれまでに3,000人以上が“鋭漂”を体験した。

本展では、天野の写真集『Rirutuji』『Arga』『Luzes』『Korm』『Lust Nights』を一堂に展示。1冊1,000円で写真集を閲覧できる。作家の在廊日はギャラリーのSNSや作家のTwitterで確認可能。なお、各来場者に静かに作品に向き合ってもらうため、入場制限を行う場合もある。

タイトル

「鋭漂」

会期

2018年8月1日(水)〜8月30日(木)

会場

Kanzan gallery(東京都)

時間

12:00〜19:30(日曜は17:00まで)

休館日

月曜、8月13日(月)~8月16日(木)

観覧料

1,000円(1冊)

URL

http://www.kanzan-g.jp/yuji_amano.html

Share