何気ない日常が写真を通じて変化する、
竹中祥平「たまねぎは涙をながさず切れるのだ。」展

本展示に合わせ制作された400部限定の写真集も販売。

21 September 2018

AREA

東京都

Share

たまねぎは涙をながさず切れるのだ。

© Shohei Takenaka

竹中祥平の写真展「たまねぎは涙をながさず切れるのだ。」が学芸大学・BOOK AND SONSで10月6日(土)から開催される。

日常をいつもと少し違う目線でとらえた約30点の作品が展示される本展では、写真の世界に魅了され、光を追いかけるうちに日常が少し違って見え始めたという竹中が「見つめ方を少し変えるだけで世界はこんなにも違って見える」というメッセージを写真を通して伝える。

本展に合わせて制作された400部限定の写真集も販売される。

タイトル

「たまねぎは涙をながさず切れるのだ。」

会期

2018年10月6日(土)~10月14日(日)

会場

BOOK AND SONS(東京都)

時間

12:00~19:00

URL

https://bookandsons.com/blog/shohei-takenaka-onion.php

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka

© Shohei Takenaka