誰もが知っている広告の名作を世界遺産の町で、
石見銀山大森町「藤井保写真展」

大森町内の3会場で大判出力やオリジナルプリントなどの写真作品約350点展示。

21 September 2018

AREA

島根県

Share

藤井保写真展

JR東日本、日清カップヌードル、マグライト、無印良品など多くの広告写真で知られる、島根県大田市出身の広告写真家・藤井保の写真展が島根・石見銀山大森町内の3会場で11月4日(日)まで開催中。

本展は石見銀山生活文化研究所の設立30周年を記念して、大森町の3つの施設(群言堂本店/ろうそくの家“邪く庵”/武家屋敷“宗岡家”)で行われる。多くの有名な広告写真を手がけてきた藤井の写真が一堂に集まる貴重な機会となる。

会場では、藤井の40年にわたるキャリアで制作された大判出力やオリジナルプリントなどの写真作品約350点を世界遺産・石見銀山大森町ならではの雰囲気で楽しむことができる。

タイトル

「藤井保写真展」

会期

2018年9月15日(土)~11月4日(日)

会場・時間

群言堂 本店 (島根県):10:00~18:00
ろうそくの家“無邪くの庵”(島根県):10:00~18:00
宗岡家(島根県):9:00~17:00

休館日

【群言堂 本店/ろうそくの家“無邪くの庵”】水曜【宗岡家】月~金曜(祝日は開館)

URL

https://www.gungendo.co.jp/news/details/003995.php