1998年から取り組むモノクローム作品の集大成、
林敏弘「風と光の記憶」展

ピンホール写真芸術学会理事によるピンホール作品を展示。

10 October 2018

AREA

東京都

Share

風と光の記憶

Les Baux-1 © Toshihiro Hayashi

これまでフランス、イタリアでの展示や、ニューヨークで個展開催の経験があるピンホール写真芸術学会理事、林敏弘の写真展「『風と光の記憶』~モノクローム・ピンホール写真~」が11月5日(月)から銀座・Art Gallery M84で開催される。

本展では、1998年秋から撮影してきたいまままでのモノクローム作品の集大成として、ヴィッセン社から写真集が出版されるのを記念し、それらの作品を作家自身がゼラチンシルバーでプリントした約40点を展示。

作者が、1枚の写真が将来にわたって多くの人に「記憶」されることを願い、出逢った光景を素直な気持ちでとらえたという作品のひとつひとつにぜひ注目してみては。また会期中には同名写真集も会場にて販売される。

タイトル

「風と光の記憶」

会期

2018年11月5日(月)~11月17日(土)

会場

Art Gallery M84(東京都)

時間

10:30~18:30(最終日は17:00まで)

休館日

日曜

URL

http://artgallery-m84.com/?p=5407