ハワイの地で踊り継がれる“ボンダンス”、
岩根愛「FUKUSHIMA ONDO」展

場所と距離の位相をとらえるための写真展シリーズ「緯度温度」の第二回目として開催。

19 November 2018

AREA

東京都

Share

緯度温度 vol.2

岩根愛の作品展「FUKUSHIMA ONDO」が馬喰町・Kanzan Galleryで11月17日(土)から開催中。本展は場所と距離の位相をとらえるための写真展シリーズ「緯度温度」の第二回。

岩根は2006年以来12年にわたって日系ハワイ移民のコミュニティを訪ね、とりわけ夏に催される“ボンダンス”に魅了されて作品制作を続けてきた。ハワイのボンダンスは、19世紀、ハワイのプランテーション農場で始まったといわれている。現在のボンダンスシーズンは6月~9月初旬まで。この時期は週末ごとに、ハワイ諸島の各寺院や公園でボンダンスが行われている。

本展はボンダンスで踊り継がれる「FUKUSHIMA ONDO」を伝えた日系一世の記憶を現代に重ねる視点で、写真集『KIPUKA』の収録作品で構成。会期中11月28日(水)には写真家・港千尋を招いてのトークイベントが行われる。

タイトル

「FUKUSHIMA ONDO」

会期

2018年11月17日(土)~12月2日(日)

会場

Kanzan Gallery(東京都)

時間

12:00~19:30(日曜は17:00まで)

休館日

月曜

URL

http://www.kanzan-g.jp/ai_iwane.html