旅人が見出したイスラエルの美しい風景、板坂佳枝「One Person's Utopia is Another's Dystopia」展

放浪の旅をし始めて9年目に突入した板坂佳枝が、イスラエルとパレスチナの現在を写し出す。

23 April 2019

AREA

東京都

Share

One Person's Utopia is Another's Dystopia -Journey through the Land of IsraelーPalestineー

板坂佳枝「One Person’s Utopia is Another’s Dystopia -Journey through the Land of Israel-Palestine-」展が吉祥寺・book obscuraで4月11日(木)より開催中。

紛争、戦争、宗教問題、中東問題、パレスチナ、ユダヤ人、アラブ人といった、ニュースでよく報道されている「イスラエル」を、放浪の旅をし始めて9年目に突入した旅人・板坂が写し取った。

今回、複雑な問題がいまも解決されぬままあるイスラエルとパレスチナ (左岸)を旅した板坂。そこには人びとの対立に終わりを見出せない現実があった。それでもなお、かの地に暮らしつづける人々と 広がる美しい風景を、旅人としての視点でアプローチした、ドキュメンタリー作品が展示される。

タイトル

「One Person’s Utopia is Another’s Dystopia -Journey through the Land of Israel -Palestine-」

会期

2019年4月11日(木)~5月1日(水)

会場

book obscura(東京都)

時間

12:00~20:00

定休日

火水曜

URL

https://bookobscura.com/news/5c9c90ea53053d7391be3efb

Share