写真の中の自意識を問う、
伊丹豪「ENTAILMENTS JOURNEY」展

自意識とテクノロジー、作品制作ときってもきれない“私”について考察した作品を展示。

30 May 2019

AREA

東京都

Share

ENTAILMENTS JOURNEY

伊丹豪の写真展「ENTAILMENTS JOURNEY」が青山・アニエスベー青山店で7月21日(日)まで開催中。

写真の持つ極めて高度な複製性を起点とし、テクノロジーとも呼べる、カメラが持つ現代性との関係や、平面性について考察を続けてきた伊丹。本展ではさらに密接に自意識とテクノロジー、またテクニックと呼ばれる制作に関する技術的な側面と自意識の関係、作品制作ときってもきれない“私”について考察する。

本展のタイトルである“ENTAILMENTS JOURNEY”は1971年に出版された荒木経惟による『センチメンタルな旅』のアナグラム。当時の荒木の宣言、その後の写真への”私”の導入等も踏まえ現代社会や、写真を写すという行為への疑いを含んだ伊丹なりの回答になっている。

タイトル

「ENTAILMENTS JOURNEY」

会期

2019年5月25日(土)~7月21日(日)

会場

アニエスベー青山 2Fギャラリー(東京都)

時間

11:00~20:00

URL

http://www.agnesbgalerieboutique.jp/

Share