⽶津⽞師やあいみょんの映像を⼿掛ける
⼭⽥智和初個展「都市の記憶」

生まれ育った街“東京”をベースに、映像監督/映像作家としての独自の観点で表現した作品を展示。

19 July 2019

AREA

東京都

Share

都市の記憶

山田智和の初個展「都市の記憶」が、伊勢丹新宿店メンズ館 ギャラリースペース「ART UP/アートアップ」で7月31日(水)から開催される。

水曜日のカンパネラやサカナクションの映像作品で頭角を現した山田。2018年にはヒップホップシーンのみならず幅広い世代に衝撃を与えたKID FRESINO「Coincidence」や、米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」、ゆず「うたエール」など話題となったポップミュージックのミュージックビデオを手掛けた。

本展では、山田のさまざまな作品の中でたびたび登場する、生まれ育った街“東京”をベースに、撮影で訪れたさまざまな都市での記憶や体験を、映像監督/映像作家としての独自の観点で表現し、映像と写真を組み合わせたひとつの個展として収めている。

タイトル

「都市の記憶」

会期

2019年7⽉31⽇(⽔)~8⽉20⽇(⽕)

会場

伊勢丹新宿店メンズ館2F ギャラリースペース 「ART UP/アートアップ」(東京都)

時間

10:00~20:00