消されてしまった記憶の痕跡をたぐる、
飯沼珠実個展「Japan in der DDR - 東ドイツにみつけた三軒の日本の家/二度消された記憶」

オープニングトーク「歴史の現在/リアリティ:日本人がみつめるドイツの偶然と必然」も必聴。

06 November 2019

AREA

東京都

Share

Unter den Linden, Mitte from the series JAPAN IN DER DDR - Gestohlene Erinnerungen wurden erneut zerstört 2016 | type c print | 178 × 126 mm | © Tamami Iinuma, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

Unter den Linden, Mitte from the series JAPAN IN DER DDR - Gestohlene Erinnerungen wurden erneut zerstört 2016 | type c print | 178 × 126 mm | © Tamami Iinuma, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

飯沼珠実の写真展「Japan in der DDR – 東ドイツにみつけた三軒の日本の家/二度消された記憶」が西麻布・KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYで11月9日(土)から開催。本展のオープニングは、ドイツを東西に分断していたベルリンの壁が1989年11月9日に崩壊した30年目の節目に合わせて行われる。

飯沼は、ライプツィヒ/パリ/東京の三都市に活動拠点をおき、建築/写真/出版のメディウムを自身の身体を通し論理的に構築しながら、発表活動を行ってきた。本展は、東ドイツで日本人が建設を行った三都市にまたがる三軒のホテルを丹念にリサーチし、5つの章にまとめあげた渾身のプロジェクト「Japan in der DDR – 東ドイツにみつけた三軒の日本の家」の出版記念展として「第4章 二度消された記憶」に焦点を当てて開催される。

なお会期初日18:00からは、小説家であり『ベルリンは晴れているか』著者・深緑野分と飯沼によるオープニングトーク「歴史の現在/リアリティ:日本人がみつめるドイツの偶然と必然」を開催。詳細・予約はwebサイトをチェック。

タイトル

「Japan in der DDR – 東ドイツにみつけた三軒の日本の家/二度消された記憶」

会期

2019年11月9日(土)~12月14日(土)

会場

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(東京都)

時間

13:00~20:00(土曜は12:00~19:00)

休館日

日月曜、祝日

URL

http://www.kanakawanishi.com/exhibition-ph-013-tamami-iinuma

Unter den Linden, Mitte from the series JAPAN IN DER DDR - Gestohlene Erinnerungen wurden erneut zerstört 2016 | type c print | 126 ×178 mm | © Tamami Iinuma, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

Behren Straße, Mitte from the series JAPAN IN DER DDR - Gestohlene Erinnerungen wurden erneut zerstört 2016 | type c print | 126 ×178 mm | © Tamami Iinuma, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

Behren Straße, Mitte from the series JAPAN IN DER DDR - Gestohlene Erinnerungen wurden erneut zerstört 2016 | type c print | 126 ×178 mm | © Tamami Iinuma, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY