ヴェロニカ・ゲンシツカ
「What a Wonderful World」展

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019で好評を博した展示の一部が「TOKYOGRAPHIE」として都内を巡回。

13 December 2019

AREA

東京都

Share

What a Wonderful World

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019で好評を博したヴェロニカ・ゲンシツカ。この展示の一部が、現在 TOKYOGRAPHIE の一環としてアニエスベー ギャラリー ブティックで「What a Wonderful World」展を開催中。

インターネットや公的資料等のアーカイブ写真を用いて「Traces」シリーズを制作するポーランド生まれのヴェロニカ・ゲンシツカ。一目見で観る者を魅了する奇妙でユニークな写真群は世界的に評価されている。

タイトル

「What a Wonderful World」

会期

2019年11月30日(土)~ 2020年1月12日(日)

会場

agnès b. galerie boutique(東京都)

時間

13:30~18:30

定休日

月曜、年末年始(2019年12月31日~2020年1月3日)

URL

http://www.agnesbgalerieboutique.jp/

>オンラインギャラリーはこちら

ヴェロニカ・ゲンシツカ

>ヴェロニカ・ゲンシツカインタヴューはこちら

ヴェロニカ・ゲンシツカ|Weronika Gęsicka
1984年、ポーランド生まれ。ワルシャワ写真アカデミー卒業。「記憶」をテーマに、警察のアーカイブ資料や、匿名のストックフォト等を加工し、現実を少し歪ませたモンタージュ作品を制作している。2017年にFoam Talentを受賞した。主な作品集に『Traces』がある。