奈良原一高追悼展「消滅した時間」
1970年代のアメリカ滞在中に撮影された作品群

奈良原が時空を越えた独自の視座を確立する上で重要な契機のひとつとなった作品。

19 February 2020

AREA

東京都

Share

奈良原一高「消滅した時間、ニューメキシコ」、1972 年/1973 年、ゼラチン・シルバー・プリント、27.6 x 41.6 cm © Narahara Ikko Archives / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

奈良原一高「消滅した時間、ニューメキシコ」、1972 年/1973 年、ゼラチン・シルバー・プリント、27.6 x 41.6 cm © Narahara Ikko Archives / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

奈良原一高追悼展「消滅した時間」が、六本木、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで2月29日(土)から開催される。

1956年に「人間の土地」で鮮烈なデビューを果たし、詩情豊かな「パーソナル・ドキュメント」の表現手法で、日本写真史の新時代を切り開いた奈良原一高(1931~2020)。「写真は未来から突然にやって来る。僕の場合は、いつもそうだった。」と述べ、晩年にはその作品世界を宇宙との対話へと収斂させていった。

本展では、奈良原が時空を越えた独自の視座を確立する上で重要な契機のひとつとなった、1970年代のアメリカ滞在中に撮影された作品群「消滅した時間」より、約10点を展示。

▼奈良原一高 関連記事
奈良原一高が逝去、「王国」シリーズなど戦後日本の新しい写真動向を牽引

タイトル

「消滅した時間」

会期

2020年2月29日(土)~4月4日(土)

会場

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京都)

時間

12:00~19:00

休廊日

日月曜、祝日

URL

https://www.takaishiigallery.com/jp/archives/21375/