8回目を迎える「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」
テーマは“VISION”

4月18日(土)より約1カ月にわたり京都市内各所で開催。

25 February 2020

AREA

京都府

Share

片山真理《25 days in tastumachi studio/鈴木薬局 眼鏡部 Suzuki Pharmacy Optometry #002》2015年 Mari Katayama Courtesy of rin art association

片山真理《25 days in tastumachi studio/鈴木薬局 眼鏡部 Suzuki Pharmacy Optometry #002》2015年 Mari Katayama Courtesy of rin art association

日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が、9月19日(土)より約1カ月にわたり京都市内各所にて開催される。

第8回目のテーマは「VISION」。オマー・ヴィクター・ディオプ、マリー・リエス、ピエール=エリィ・ド・ピブラック、福島あつし、マイムーナ・ゲレシ、甲斐扶佐義 、片山真理、ウィン・シャ、マリアン・ティーウェン、植田正治ら国内外にて第一線で活躍するアーティストの作品が、二条城や京都文化博物館 別館、両足院、出町桝形商店街など京都市内の趣きあふれる建造物やエリアにて展示される。

また、初めての試みとして、パーマネントスペース「DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Space」が2020年春に出町桝形商店街に誕生。ギャラリー、カフェ、宿泊施設などを併設予定のプロジェクトスペースで、写真祭の時期だけでなく永続的に活動し、KYOTOGRAPHIEのクリエイティブチームが、アーティスト、デザイナー、キュレーター、国内外の文化機関などと多様性に富んだコラボレーションをしながら、意義あるさまざまなプロジェクトを展開していく。

会期中にサテライトイベントとして行われる「KG+(ケージープラス)」は、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的とした公募型アートフェスティバル。応募者の中から選ばれた10組のアーティストの作品は「KG+ SELECT」として展覧会を行うことができる。なお、グランプリには50万円の制作補助金とともに、次年度のKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭にて展覧会を開催する権利を得る。

*新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大に伴い、情報公開当初から会期が変更されました

タイトル

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」

会期

2020年4月18日(土)〜5月17日(日) 9月19日(土)~10月18日(日)予定

会場

京都市内各所

URL

https://www.kyotographie.jp/

© Omar Victor Diop, Courtesy of Magnin-A Gallery.

Musée Rodin. With both hands, Louis studies the hollows and protrusions of the sculpture shaped by the hands of Rodin. Musée Rodin. Paris. France . 2013 ©︎ Marie Liesse

© Pierre-Elie de Pibrac / Agence Vu'

マイムーナ・ゲレシ《The Golden Door》2011年 © Maïmouna Guerresi, Courtesy Mariane Ibrahim Gallery

甲斐 扶佐義《傘投げ遊び》1978 © Kai Fusayoshi

マリアン・ティーウェン《Destroyed House Krasnoyarsk 1》2010年

植田正治《パパとママとコドモたち》1949年 © Shoji Ueda Office

ウィン・シャ《In the mood for love》2000年 Courtesy of Wing Shya.