遠藤祐輔、金川晋吾、金村修による、制作体験を考察する展覧会「imshow」が開催

28 July 2020

AREA

東京都

Share

First Person shooter  © Endou Yusuke

First Person shooter © Endou Yusuke

写真家の遠藤祐輔、金川晋吾、金村修による展覧会「imshow」が8月5日(水)からKanzan galleryで開催される。

今回の展覧会「imshow」は、作家の制作に対する思考を展示空間から体験として再考する取り組み。作家とキュレーターが共に、作品の在り方や展示方法について考察を行った。現在「写真」という表現は、機材の軽量化やSNSの発展に伴い多様化し、「写真」と呼ばれるモノの形や在り処も変化を遂げる。そうした状況の中で、本展では作家がどのように制作に取り組み、どのように「写真」を捉えているのかという点に着目する。

会期中、8月8日(土) 16:00から出展作家の遠藤祐輔、金川晋吾、金村修が倉石信乃(明治大学教授・写真史)を迎え、トークイベントを開催予定。また、8月22日(土)16:00から金川晋吾による映像作品上映会を予定している(各イベントは要予約制)。

タイトル

「imshow」

会期

2020年8月5日(水)~8月30日(日)

会場

Kanzan Gallery(東京都)

時間

12:00~19:30(日曜は12:00~17:00)

休廊日

月曜

URL

https://kakeru-okada.com/exhibition-imshow-20200805-20200830

self portraits © Kanagawa Shingo

Suck Social Stomach © Kanemura Osamu