風景と風景写真への新たな視座を発表、
佐藤祐治「水が立つ」展

14 October 2020

AREA

東京都

Share

© Yuji Sato

© Yuji Sato

佐藤祐治「水が立つ」展が、10月31日(土)までKanzan galleryで開催中。

佐藤が暮らす札幌市南区にある祠に祀られている半龍半人の観音像から始まった本作。「そもそも龍神とは何か」という疑問を起点に、道内にある龍神信仰にまつわる場所を訪れ、目に入ったものをカメラに収め、文献を調べ、現地の人たちの話に耳を傾けた。そこから見えてきた、開拓民や先住するアイヌの「祈り」の痕跡、これまでとは異なる北海道の「風景」。

「龍神とは何か?」という佐藤の素朴な問いが、「風景とは何か?」という問いを引き出し、いま、さらなる問いを生成し続けている。本展は、佐藤が見出した「風景」と「風景写真」への新たな視座を本格的に発表する初の個展となる。

アマナが提供するプリントディレクションサービスFLAT LABOがプリントディレクションを担当。

タイトル

「水が立つ」

会期

2020年10月10日(土)~10月31日(土)

会場

Kanzan Gallery(東京都)

時間

12:00~19:30(日曜は12:00~17:00)

休廊日

月曜

URL

http://www.kanzan-g.jp/yuji_sato.html

© Yuji Sato

© Yuji Sato

© Yuji Sato

© Yuji Sato

© Yuji Sato