宇平剛史「Delicate Matters」展、
黒人差別の問題と真摯にかかわる時間

12 November 2020

AREA

東京都

Share

Delicate Matters

宇平剛史「Delicate Matters」展が、神保町・The Whiteで11月29日(日)まで開催中。

宇平は、大学を卒業後の2011年より、グラフィックデザイナーとして活動。これまで美術の領域でも積極的に実践をかさね、さまざまなアーティストブックや人文書などの装幀を手がけている。2018年頃からは、デザインの仕事と並行しながら、自らアートワークの制作にも着手し、2019年に人間の皮膚を被写体とした連作「Skin」を発表した。

今回、宇平は黒人差別の問題(Black Lives Matter)について、「これまでどこか自分とは距離のある感覚があったが、無関心や無知は問題への加担につながり、そうした意識にこそ怖さが潜んでいるのではないか」という内省から、本展示を黒人の肌を被写体とした作品で構成し、黒人差別の問題と真摯にかかわる時間と位置づけている。

タイトル

「Delicate Matters」

会期

2020年11月10日(火)〜11月29日(日)

会場

The White(東京都)

時間

13:00〜19:00

休廊日

月曜

URL

https://www.the-white-jp.com/exhibition/2020/1110/