20 January 2021

人は何をみているのか、何を感情として記憶として残すのか、山田博行「CABIN」展

20 January 2021

AREA

新潟県

Share

CABIN

山田博行「CABIN」展が、1月21日(木)から新潟・BOOKS f3にて開催される。

本作「CABIN」は、作家の空間や時間の記憶に繋がるそれらの窓の体験の記憶をたどり、記憶から景色を描写するという試みのもと、人は何をみているのか、何を感情として記憶として残すのかをテーマに制作された作品。過去世界の山岳地域の僻地や森に滞在する経験をしてきた作家の記憶に深く刻まれたのは、山小屋の窓から見える景色だったという。あのときあの時間に戻るべく写真機を使って窓の外に佇む静かな自然の気配を思考し、空間の気配を探求した結果が、写真表現の焦点を再考する独特のアプローチに繫がっている。

明るく平滑で抽象的な作品からは、溢れる光や葉の擦れ合う音などの自然が、有機的なイメージと漂い、作品を飾るという行為を再構築して、窓からの風景を擬似的に表現している。それぞれの窓からはどんな景色が、どんな記憶がみえるだろうか。

タイトル

「CABIN」

会期

2021年1月21日(木)~2月15日(月)

会場

BOOKS f3(新潟県)

時間

13:00~20:00(天候次第で短縮、臨時休業の場合あり)

休廊日

火水曜

URL

https://booksf3.com/photo/album/335246

Share

Share

SNS