JOHN LAWRENCE SULLIVANと
写真家・コリー・ブラウンのコラボレーション

24 December 2019

Share

JOHN LAWRENCE SULLIVANと写真家・コリー・ブラウンのコラボレーション

「Deeper Than Night」というテーマを掲げた、ファッションブランド・JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2020年春夏コレクション。インダストリアル感を醸しだす、シルバーのジップを多用したコートやバイカージャケット、無骨なつなぎ目を敢えて残したチェーンのネックレス、腕を出すことも可能な身頃に穴の開いたニットやスウェット……インダストリアルミュージックとエレクトロパンクの精神がファッションを通して表現されている。

また、写真家 コリー・ブラウンとコラボレーションした「Coley Brown x JOHN LAWRENCE SULLIVAN 」も今期のコンセプトを見事に体現。ブラウンは、19歳でニューヨークにわたり、約2年間ライアン・マッギンレーのアシスタントを務めた。現在はロサンゼルスを拠点とし、写真家として活動しながら自身の出版社Silent Soundを運営するほか、定期的に音楽イベントも開催している。ブラウンの写真は静けさと激しさが共存し、ダークで美しい。

今回のコラボレーションでは、フラッシュの光によって暗闇で白く浮き上がる木々、真っ赤な火の粉、ダークなカラーパレットの花々をとらえた写真など、まさに「Deeper Than Night」というテーマを視覚化した写真がシャツやTシャツにプリントされた。

現在、コラボアイテムは、全国のJOHN LAWRENCE SULLIVANにて発売中。12月26日(木)までは、中目黒店と渋谷PARCO店にてブラウンの写真集やSilent SoundのTシャツやトートバッグなども発売している。