森山大道の写真を大胆に使用、
魅せるカレー「KURO TO SHIRO CURRY」発売中

未来に向けた新しい食の価値を求め、BLD未来食品事業部が開発。

04 August 2020

AREA

東京都

Share

KURO TO SHIRO CURRY (パリ+, フレンチウィンドウ)  PHOTO: DAIDO MORIYAMA © DAIDO MORIYAMA PHOTO FOUNDATION  DESIGN: SATOSHI MACHIGUCHI

KURO TO SHIRO CURRY (パリ+, フレンチウィンドウ) PHOTO: DAIDO MORIYAMA © DAIDO MORIYAMA PHOTO FOUNDATION DESIGN: SATOSHI MACHIGUCHI

森山大道が旅先でとらえたイメージを全面に使用したパッケージが目を惹く「KURO TO SHIRO CURRY」をBLD未来食品事業部が発売。

日本で最初のレトルトカレーが誕生して50年ほど経ち、「個食」や「時短」の広まりとともに、味や値段のみならず品質や個性を競う数多くの製品が登場し、レトルトカレーは「我が家の味」にもひけをとらない食文化となっている。「KURO TO SHIRO CURRY」は、レトルトカレーにもこれまでに無い美味しさと楽しさが一層重要であるとし、未来に向け新しい食の価値を求め作られた。

レトルトカレーの常識を打ち破る斬新なアートワークは、造本家でグラフィックデザイナーでもある町口覚が手掛けた。4種類のパッケージはパリとブエノスアイレスで撮影されたイメージから選ばれた。それぞれが限定 2,500 個のスペシャルパッケージとなっている。

ビーフとチキンのエキスに、辛味を上品に効かせたスパイシーな「黒」カレーソースと、ポルチーニ茸の鮮烈な香りとマッシュルームの食感を閉じ込めた、リッチテイストの「白」ポルチーニソース、2つのソースが入っている。

商品名

「KURO TO SHIRO CURRY」

価格

756円

販売

NADiff BAITEN(東京都写真美術館ミュージアムショップ)、NADiff a/p/a/r/t、六本木 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店にて販売中

KURO TO SHIRO CURRY (パリ+, バルーンクジラ) PHOTO: DAIDO MORIYAMA © DAIDO MORIYAMA PHOTO FOUNDATION DESIGN: SATOSHI MACHIGUCHI

KURO TO SHIRO CURRY (ブエノスアイレス, ダンスホール) PHOTO: DAIDO MORIYAMA © DAIDO MORIYAMA PHOTO FOUNDATION DESIGN: SATOSHI MACHIGUCHI

KURO TO SHIRO CURRY (ブエノスアイレス, テアトロコロン) PHOTO: DAIDO MORIYAMA © DAIDO MORIYAMA PHOTO FOUNDATION DESIGN: SATOSHI MACHIGUCHI