「写真新世紀」受賞者が決定、
受賞作品展やトークショーを開催

12 August 2020

AREA

東京都

Share

優秀賞選出審査会の様子

優秀賞選出審査会の様子

新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンの文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2020年度(第43回公募)の受賞者が決定し、受賞作品展「写真新世紀展2020」が、10月17日(土)から東京都写真美術館で開催される。

「写真新世紀」2020年度(第43回公募)は、3月18日(水)から5月31日(日)の期間で募集を行い、国内外からの応募者数は2,002名(組)。応募数が2,000名(組)を突破したのは30年目を迎えた「写真新世紀」史上初めてのこと。これらの数多くの応募の中から優秀賞受賞者7名と佳作受賞者14名が選出された。

受賞者の作品を展示する「写真新世紀展2020」と、昨年度のグランプリ受賞者である中村智道の新作個展「Ants」を東京都写真美術館にて同時開催。また、10月30日(金)には2020年度の優秀賞受賞者7名の中からグランプリを選出するグランプリ選出公開審査会を開催。審査会では、優秀賞受賞者7名による作品のプレゼンテーションと審査員との質疑応答が行われ、その後審査員の審議によりグランプリが選出される。なお、10月22日(木)には、受賞者および中村によるアーティスト・トーク、10月31日(土)には「第1回写真新世紀展」に出展し、本年度の審査員であるオノデラユキ・野村浩の両審査員によるトークショーが二部構成で行われる。

▼優秀賞7名
金田剛、後藤理一郎、セルゲイ・バカノフ、立川清志楼、樋口誠也、宮本博史、吉村泰英(五十音順/敬称略)

▼佳作14名
石川古雨、石川琢也、小川修司、郭勇志、柏田テツヲ、河津晃平、五味航、澤田詩園、志賀耕太、高崎恵、ダビド・ナタナエル・ロブ、塚原誠、遠山寛人、藤原香織(五十音順/敬称略)

タイトル

「写真新世紀展2020」

会期

2020年10月17日(土)~11月15日(日)

会場

東京都写真美術館 地下1階展示室

時間

10:00~18:00

URL

https://global.canon/ja/news/2020/20200731.html