14 December 2020

金沢にスペース「KAMU L」がオープン、
森山大道のインスタレーション作品「Lip Bar」が公開

14 December 2020

Share

© Daido Moriyama Courtesy of KAMU kanazawa

© Daido Moriyama Courtesy of KAMU kanazawa

setchu株式会社が設立した私設現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」に、4番目のスペース「KAMU L(カム エル)」が12月12日(土)にオープン。「L」では、スナップショットの名手として知られる日本を代表する写真家・森山大道のインスタレーション作品「Lip Bar」を公開する。

「KAMU kanazawa」は金沢21世紀美術館から徒歩3分、金沢市の中心部に2020年6月開館。現代アートによる日本の文化資源の向上のための作品収集、同時代的に生まれるアートの発信を行い、さらには“拠点となる金沢市”が現代アートの街として発展していくことに貢献する目的で活動している。

作品「Lip Bar」は、2005年に新宿・ゴールデン街で開催されたアートイベント(GAW展 Part5)で、森山は壁に作品を掛けるという従来のスタイルではなく、小さなバーの内側をすべて唇の写真で覆い尽くすというインスタレーションを行った。このときの作品が原型となり、インスタレーション作品「Lip Bar」が誕生。薄暗い部屋の壁に森山の唇の写真が繰り返しプリントされ、森山がとらえる社会の猥雑さや欲望を空間として体感できる。

「KAMU kanazawa」では「Lip Bar」を美術館開館時間帯の11:00~18:00(金土曜は19:00まで)は鑑賞の場として、20:00~24:00(月~土曜)にはバーとして運営。森山のインスタレーションの中でお酒を味わいながら、朝から夜まで金沢の街を舞台にアートを楽しむことができる。さらに今後は「Lip Bar」の展示とともに、定期的に森山の写真集にフォーカスしたプログラムが開催。これまで出版された写真集を掘り下げ、写真集にちなんだ作品の展示やワークショップも開催予定。

スペース名

「KAMU L」

オープン日

2020年12月12日(土)

住所

石川県金沢市広坂1-1-52 KAMU kanazawa

閉館日

月曜(月曜が祝日の場合は営業)

入館料

1,100 円(全スペース共通チケット)小学生以下無料

URL

https://ka-mu.com/

© Daido Moriyama

© Daido Moriyama and KAMU kanazasa

© Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

Share

Share

SNS