南カルフォルニアの暮らしを黙想的に切り取る『COMTEMPORARY SUBURBIUM』

エド&ディアナ・テンプルトン夫妻の作品集がNazraeli Pressから刊行。

07 April 2018

Share

CONTEMPORARY SUBURBIUM

アメリカ人プロスケーターでありアーティスト、フォトグラファーのエド・テンプルトンと、同じくアメリカ人フォトグラファーのディアナ・テンプルトン夫妻の作品集『COMTEMPORARY SUBURBIUM』がNazraeli Pressから刊行された。

カリフォルニア州オレンジ郡の郊外、とりわけロサンゼルスを南下した突端にある海辺の町ハンティントンビーチでの暮らしを写した二人の黙想的な記録。

本書は、代々保守的なこの地域の人々や不満を抱いている若者たち、恵まれて(かつあまり恵まれずに)育った面々が、フェンス、壁、そして果てなく続くトラクトハウジング地区の向こう側から敢えて外へ出て行く様子をとらえている。

蛇腹折りの製本を存分に生かし、片側にエド、もう片面にはディアナの、写真と言葉をそれぞれレイアウト。

同じ場所で大人になっていく過程を描いたふたつの相反する短編小説を読むように、砂埃まみれで日焼けしたいまなお情熱的な南カルフォルニアの情景と、経済成長期であった21世紀初頭の現地を伝える。

タイトル

『COMTEMPORARY SUBURBIUM』

出版社

Nazraeli Press

価格

6,800円+tax

発行年

2017年

仕様

ハードカバー/152mm×203mm/56ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/contemporary-suburbium-ed-deanna-templeton

Share