写真の中の写真が創り出すイメージ、
ヤン・マメイ『MISE EN ABYME』

ドイツ人フォトグラファーの作品集がKodoji Pressより刊行。

03 August 2018

Share

MISE EN ABYME

ドイツ人フォトグラファー、ヤン・マメイの作品集『MISE EN ABYME』がKodoji Pressより刊行された。

タイトルである「MISE EN ABYME」は紋中紋を意味し、絵の中のモチーフやテーマの中に同じようなイメージが入れ子構造で入っている表現、手法。マメイは撮影した写真を自分のスタジオの壁に飾り、さらにそれを撮影した。日常的に遭遇する広告や図、建築様式、ウィンドウに飾られる写真などポストモダン世界によってもたらされたモチーフが写されており、被写体の中に存在する被写体、そのまた中に存在する被写体…といった構造で表現されている。

最初はまったく異なるイメージが並ぶように見えるが、気付くと繰り返されている形、色、テクスチャーが、本を観終わる頃には凝縮し、抽象的なナレーションとなる。アーティスト、カーステン・ターベルによるテキストも収録されている。

タイトル

『MISE EN ABYME』

出版社

Kodoji Press

価格

5,500円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/220mm×275mm/168ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/collections/all/products/mise-en-abyme-by-jan-mammey

Share