上田義彦が30年間で紡いだ“森”作品の軌跡
『FOREST 印象と記憶 1989-2017』

クウィノルト、屋久島、春日大社の原生林、3つの太古の森の姿。

01 November 2018

Share

FOREST

広告写真やコマーシャルフィルムなどを数多く手がける上田義彦の写真集『FOREST 印象と記憶 1989-2017』が今年1月に青幻舎から刊行された。

1989年、ネイティブアメリカンの聖なる森・クウィノルトと出会って以来、“森”に魅了されてきた上田。2017年には再び訪れたクウィノルト、屋久島、そして春日大社の原生林と、3つの太古の森の姿をカメラに収める。

本書は上田が30年の時間で紡いだ“森”作品の軌跡であり、彼の眼差しを通して映しだされた地球上の生命の根源がときを経て再来する。

【写真集プレゼント】
本書『FOREST 印象と記憶 1989-2017』を1名様にプレゼント。締切は2018年12月3日(月)まで。IMA MEMBERS会員の方のご応募はこちら。IMA MEMBERS会員でない方の会員登録・ご応募はこちら(プレゼントの応募にはIMA MEMBERSへの登録が必要です)。

タイトル

『FOREST 印象と記憶 1989-2017』

出版社

青幻舎

価格

12,000円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/B4/288ページ

URL

http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-661-9

Share