絶版状態が続く奈良原一高の名作が
40年の時を経て蘇る『王国ーDomains』

初期代表作『王国』と未発表作品が多数収録された新装版が6月より刊行。

30 May 2019

Share

王国ーDomains

これまでに多数の展覧会を開催、写真集も数多く出版し、戦後日本写真史を語る上でも名高い巨匠・奈良原一高の’50年代における代表作『王国』。

本書は、1896年に創立された北海道・当別のトラピスト男子修道院を取材した「沈黙の園」と和歌山市の婦人刑務所を舞台とした「壁の中」という、それぞれ外部と隔絶された二つの空間を舞台とした2部構成でまとめられた作品集であり、これまで絶版の状態が続いていたものだ。

その『王国』が、代官山蔦屋書店×復刊ドットコム共同企画シリーズの新刊として、これまでの作品集では未発表だった作品などを多数収録し、『王国-Domains』となって新装刊行される。新たな形で蘇る奈良原の世界を、ぜひ手にとってみては。

タイトル

『王国ーDomains』

出版社
価格

11,000円+tax

出版年

2019年

仕様

ハードカバー/A4変形/208ページ

URL

https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68327160&tr=t

Share