古くからの神話や儀式が失われていく様を探求する、
マーハ・ダニエルズ『ELF DALIA』

スウェーデンのエルブダーレンから生まれた物語を奇妙で神秘的なイメージで描き出す。

02 July 2019

Share

ELF DALIA

イギリスを拠点とするスウェーデン人フォトグラファー、マーハ・ダニエルズの作品集『ELF DALIA』がMACKより刊行。

本作は、スウェーデンのエルブダーレンという渓谷の町から生まれた物語を描き出している。作者は2011年から2017年にかけて撮影した自身の作品と、地元の発明家であり、整備士、フォトグラファーであったテン・ラース・パーションのアーカイブから選んだ写真を組み合わせた。時代を超えて出会った二人のアーティストがひとつの物語を綴ることで、本作はドキュメンタリー写真からフィクションが生まれる可能性について言及しうるものとなっている。エルブダーレン語という消えかけた古代の言葉を話す人々が住むスウェーデンの山奥深いこの場所には、さまざまな歴史の遺物が残っており、本書ではそれらをレイヤーとして重ねながら、現代的な生活によって昔から伝わる神話や儀式が失われていくさまを探求している。

タイトル

『ELF DALIA』

出版社

MACK

価格

6,400円+tax

出版年

2019年

仕様

ソフトカバー/220mm×290mm/136ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/collections/all/products/elf-dalia-by-maja-daniels