フランク・ロイド・ライト「エニスハウス」からインスパイアされたヨーン・アーガールド作品集『THE HOUSE ON THE HILL』

ノルウェーを拠点とする写真家、グラフィックデザイナー、ヨーン・アーガールドの作品集。

31 March 2020

Share

THE HOUSE ON THE HILL

ノルウェーを拠点とする写真家であり、グラフィックデザイナーとしても活動するヨーン・アーガールドの作品集『THE HOUSE ON THE HILL』は、オスロ国立芸術大学のグラフィックデザイン修士課程でアーガールドが学んだことが詰め込まれた1冊。

ロサンゼルスのロスフェリスの丘に立つフランク・ロイド・ライトが手がけた「エニスハウス」を撮影した40枚の写真で構成され、建築ライターであり雑誌『Real Review』を主宰するジャック・セルフがエッセイを寄稿している。この大豪邸「エニスハウス」は1920年代に建設された。映画『ブレードランナー』(1982年公開)のプロダクションデザインは、この邸宅の特徴的な建築言語にインスパイアされたものだという。この映画の舞台はディストピア的近未来として2019年のロサンゼルスが設定されているが、オープニングクロールで使用されているフォントは、あえて未来を感じさせないよう1915年にフレデリック・ウィリアム・ガウディーがデザインした「Goudy Old Style」が選ばれており、本書でも同フォントが採用されている。

タイトル

『THE HOUSE ON THE HILL』

出版社

私家版

出版年

2019年

価格

4,400円+tax

仕様

ソフトカバー/180mm×230mm/68ページ

URL

https://twelve-books.com/products/the-house-on-the-hill-by-jorn-aagaard