軍事規格のカメラ技術を駆使し、難民や移民への視線に挑戦するリチャード・モスの作品集『The Castle』

いくつもの難民キャンプや周辺地域の詳細な記録。

23 April 2020

Share

THE CASTLE

Deutsche Börse Photography Prize 受賞のアイルランド人写真家、リチャード・モスの写真集『The Castle』。モスはここ数年にわたり難民・移民危機という継続的な問題を追いかけ、軍事規格のカメラ技術を駆使した写真を通じ、難民に対する政府や社会の見方に対して挑戦してきた。本作は、中東や中央アジアからトルコを抜けて欧州に入る大規模な難民・移民流入ルートに沿ってできたいくつもの難民キャンプや周辺地域の詳細な記録である。

イラン人難民として現在オーストラリア政府によりパプアニューギニアのマヌス島に拘禁されているジャーナリストで作家のベルーズ・ブーチャニの詩、ペンシルベニア大学の英文学助教授ポール・K・サンタムールと哲学者ジュディス・バトラーのエッセイ、リチャード・モス本人の文章を収録。

タイトル

『The Castle』

出版社

MACK

出版年

2018年

価格

11,000円+tax

仕様

ハードカバー/245mm×320mm/232ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/the-castle-by-richard-mosse