日々を慈しむ家族の記憶と生が響き合う、
上田義彦写真集『椿の庭』

28 July 2020

Share

椿の庭

写真集『椿の庭』は、上田義彦初監督となる、富司純子、シム・ウンギョン主演の映画『椿の庭』から生まれた一冊。写真家の上田義彦が、長年抱いてきたテーマをもとに初監督、脚本、撮影を務め、家にまつわる時間と記憶を静謐に描き、映像美を存分に堪能できる映画となっている。そのフィルムから切り出され、少しの言葉とともに構成されたこの写真集は、ストーリーから浮遊しつつ、イメージが織りなす豊かな呼吸と時間を湛えている。

人がそれぞれに抱える喪失と記憶。その揺らぎを秘めつつ庭の傍らで営まれる暮らしの所作。季節の巡りと響き合いながら生の、そして死への時間が進むなかに、静謐であり切実である美しさが立ち昇る。写真と映像、本と映画のあいだに在ってこの1冊は、手に取るひとりひとりと交わり、さまざまな記憶と今を呼び覚ましてくれるはず。

映画『椿の庭』は近日公開予定。

タイトル

『椿の庭』

出版社

赤々舎

出版年

2020年7月

価格

2,800円+tax

仕様

ソフトカバー/148mm×223mm/296ページ

URL

http://www.akaaka.com/publishing/GardenofTheCamellia.html