モエレ沼公園で公開中の「山内悠 惑星」展、新シリーズのテーマは異なる世界を行き交う旅

28 July 2020

AREA

北海道

Share

《PLANET  N51°12ʼ08.5″ E98°59ʼ42.6″ #01》2014年 © Yu YAMAUCHI

《PLANET N51°12ʼ08.5″ E98°59ʼ42.6″ #01》2014年 © Yu YAMAUCHI

札幌市にあるモエレ沼公園のグランドオープン15周年記念として、写真家・山内悠の個展「山内悠 惑星」展が8月30日(日)まで開催中。

山内は自然の中に長期間滞在し、自然と人間の関係性を見つめることで、世界について探求し続ける写真家。本展は、2014 年から毎年モンゴルに通う中で撮影した新作「惑星」シリーズ約50点を展示する。自然と人間が調和した世界を求めて始めた旅は、モンゴル全土と内モンゴル自治区を巡る旅となった。現像した写真には、地球の創生を思わせる鉱物の世界から、現代の文明を表すような都市の姿、そして未来を感じる砂漠の風景が写り、時間や空間を飛び越え、異なる世界を行き交うような旅をしていたことに気が付いたという。

あらゆる世界が並行しながら同時に存在し、私たちはそれぞれに異なる「いま」を生きている。さまざまな場所を行き来することで作品に現れた世界が、私たちに「いま」という時のあり方を語りかけてくれる。

タイトル

「山内悠 惑星」

会期

2020年7月18日(土)〜 8月30日(日)

会場

モエレ沼公園 ガラスのピラミッドスペース2(北海道)

時間

9:00〜17:00

URL

https://moerenumapark.jp/yuyamauchi_planet/