1980年代ニューヨークのカルチャーやアートムーブメントを間近で記録したペイジ・パウエル写真集『PAIGE POWELL』

30 December 2020

AREA

東京都

Share

PAIGE POWELL

アメリカ人写真家、ペイジ・パウエルの作品集『PAIGE POWELL』。GUCCIの後援によりDASHWOOD BOOKSから上梓されたハードカバーの限定版写真集である本書は、ハーレム、イーストヴィレッジ、ソーホーと、1980年代のニューヨークのあちこちを舞台に起きた文化的に重要な出来事を映し出した作品を異なる観点からまとめた3冊のシリーズと、パウエル自身の人物像を描く1冊で構成されている。

1980年にポートランドからニューヨークに出てきたパウエルはたちまちダウンタウンのアートシーンの仲間入りを果たし、アンディー・ウォーホルの取り巻きの一人で、特に親しい間柄となった。ウォーホルに可愛がられていたキース・へリングやジャン=ミシェル・バスキアと知り合い、一時はバスキアと交際していたこともある。周囲で起こることを日々撮影し、20世紀の終わりにニューヨークで巻き起こったアート、文化、ナイトライフの一大ムーブメントのかけがえのない瞬間を写真に残した。アートディレクションはナサニエル・クルヒャー、編集はキム・ハストレイターが担当。

『BEULAH LAND』は、イーストヴィレッジのアベニューAと10thストリートにあった同名のアートスペース、バー、ラウンジで1984年に展示されたヴィジュアルダイアリー・インスタレーションからのイメージを収録。『ANIMALS』は、動物愛護家だったパウエルが大切にしていたテーマに基づいてまとめられた。『ARTISTS EATING』については、ペイジはこの主題を徹底的に記録した。付録の『PAIGE POWELL』では未発表のイメージを多数収録し、パウエルの人柄と人生に迫っている。

商品名

『PAIGE POWELL』

出版社

Dashwood Books

価格

32,000円+tax

仕様

330mm×250mm/カラー/白黒プリント

URL

https://www.twelve-books.com/products/paige-powell-by-paige-powell