家族の旅とヨーロッパ移民の歴史をたどるビジュアルドキュメント、ダミアン・ハイニシュ初作品集『45』

12 January 2021

Share

45

ノルウェーを拠点に活動するポーランド人写真家、ダミアン・ハイニシュの初作品集『45』は、ウクライナを出発しドイツを経由してノルウェー・オスロに到着する列車の車窓から見た、時系列に沿った風景のビジュアルドキュメント。イギリスの出版社MACKが主催する、過去に写真集出版経験のない作家の出版支援を目的とする「First Book Award」の2020年グランプリ受賞に伴い刊行された。

ハイニシュの親族は1945年と1978年に命がけで電車の旅を行い、一人は自由を得たがもう一人は死を迎えた。その過去の旅に触発され、ハイニシュは彼らと同じようにウクライナからオスロまで旅をした。

本書の物語は、ヨーロッパの過去と現在の境界線の内側で発生している強制移住の問題に迫っている。2013年に作者が帰国してから8カ月後、ドネツク地方では新たな紛争が勃発し、その戦いはいまも続く。

タイトル

『45』

出版社

MACK

出版年

2020年

価格

5,500円+tax

仕様

ソフトカバー/225mm×280mm/190ページ

URL

https://www.twelve-books.com/products/45-by-damian-heinisch