Sanna Lehto

Morphologies(形態論)

Share

IMA 2018 Winter Vol.26

© Sanna Lehto

サナ・レートの「Morphologies(形態論)」と題された本作は、植物、身体、色を用いてさまざまな「形態」を探求する。例えば、色鮮やかな花々を、髭もじゃの男性の顔や胸の上に並べたり、血のようにも見える、どろっとした液体の中に浮かべたり。花の蕾、ドライフラワー、年齢を感じさせる肌、赤い液、赤毛の若い女性など、被写体同士の不思議な組み合わせによって非現実味を帯びていく。ファンタジックで魅惑的な物語を描きながらも、自然と人間、生と死の関係性についての問いを投げかける。ただ美しいだけでなく、毒々しさも孕んだイメージは、リアリティとファンタジーの間にある揺らぎをとらえ、レート独自の世界へと観る者を誘うのだ。

IMA 2018 Winter Vol.26より転載)

サナ・レート|Sanna Letho
1990年、フィンランド・ヘルシンキ生まれ。アールト大学美術学デザイン建築学部でファインアート写真を学ぶ。2018年、第33回イエール国際モード&写真フェスティバルにおいてファイナリストに選出され、市民賞を受賞。ポートレイトおよびファッション写真を専門とし、ヨーロッパを中心に幅広く活動する。
https://www.sannalehto.fi/

  • IMA 2018 Winter Vol.26

    IMA 2018 Winter Vol.26

    特集:写真が語る身体性