Photobooks of the Month

書店員がピックアップする1月のおすすめ写真集【UTRECHT編】

木藤富士夫『公園遊具/Playground Equipment vol.7』

木藤富士夫『公園遊具/Playground Equipment vol.7』

東京には、個性的なセレクトが光るブックショップが数多く点在する。その中で、アートに力を入れる大型書店や個性的なアートブックやZINEを扱うインディペンデントブックショップなど、写真集を扱う4店舗の書店員が、毎月おすすめの写真集を3冊ずつピックアップ。

セレクト・文=黒木晃(UTRECHT)

キルギス人フォトグラファー、アレクセイ・コンドラチェフによる作品集。一面真っ白な氷上に佇む大きなビニール袋。その中には、氷の下の魚を取るために、氷上釣りを行なうカザフスタンの漁師たちが身を丸めている。お一人様サイズのテントの仕様はさまざま。厳しい気候から身を守るために、ヨーロッパや中国、ロシア製の商品を売る市場外で拾ってきた梱包資材や米袋など、使われなくなったビニールを繋ぎ合わせて作られた仮設の小さなテント。生活のための知恵と工夫は、おかしくもあり、ポスト・ソビエトの現代社会の闇を垣間見るよう。純白の紙に、ポツンと配置された写真が、氷上の孤立を際立たせる。

タイトル

アレクセイ・コンドラチェフ『Ice Fishers』

出版社

Loose Joints

価格

4,400円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/240mm×300mm/60ページ

備考

https://utrecht.jp/collections/all/products/iice-fishers-aleksey-kondratyev


フォトグラファー木藤富士夫によるシリーズ作品「公園遊具」。日本各地の公園の大小さまざまな遊具を夜間撮影。大きな恐竜から動物、植物をはじめ、摩訶不思議な形態のものまで、不気味さと可愛らしさとともに闇夜に浮かび上がる。撮影時は照明をさまざまな角度から仕込み、複数回長時間撮影を行い、写真を合成しているそう。それぞれの写真には公園の住所と地図を掲載。日本各地の遊具巡りも楽しめる。 

タイトル

木藤富士夫『公園遊具/Playground Equipment vol.7』

出版社

私家版

価格

800円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/210mm×147mm/32ページ

URL

https://utrecht.jp/collections/all/products/公園遊具-vol-7-木藤富士夫


Instagramで日々自撮り写真を更新し続ける台湾出身のアーティスト、李漢強(Lee Kan Kyo)。世界各地で野菜ジュースを片手にセルフィーを撮影する「juiceboxselfie」をトランプにした人気シリーズの第4弾。表も裏も、李漢強づくしの54枚。SNS上に更新された写真がトランプに印刷されることで、本とはまた一味違う、写真の見え方が楽しめる。カードの背面もすべて異なる絵柄になっており、顔を記憶すれば、ババ抜きや神経衰弱で負け知らず…になれるかもしれない。

タイトル

Lee Kan Kyo『juiceboxselfie 4』

出版社

私家版

価格

2,500円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/90mm×150mm/108ページ

URL

https://utrecht.jp/collections/グッズ-goods/products/juiceboxselfie-4-lee-kan-kyo

UTRECHT / NOW IDeA
アート・デザイン・ファッションなどの書籍を取り扱う神宮前のブックショップ。
ギャラリーが併設された店内には、普段お目にかかることの出来ない国内外のインディペンデントパブリッシャーやアーティストのZINE、書籍などが多数並ぶ。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
tel: 03-6427-4041
12:00~20:00
月曜休み(祝日の場合は翌日)
http://utrecht.jp/