SENSOR_CODE

小山泰介がロンドンで個展「SENSOR_CODE」を開催!デジタルイメージの無限の可能性を探求する

AREA

イギリス

Share

Photons 034B, 2018

Photons 034B, 2018

小山泰介は、15年前に初めてデジタルカメラを手にして以来、デジタルイメージそのもの、そしてデジタルイメージが普及している時代に魅了されてきた。デジタル写真による表現の拡張を目指し、単にコンピューターやスマートフォンのスクリーンに写る写真を見せるのではなく、観る者に経験をもたらす実験的な作品を継続して発表している。

小山の最新作を展示する個展「SENSOR_CODE」は、ロンドン南部に位置するペッカム地区でのフォトフェスティバル「Peckam 24」のプログラムのひとつとして、Seen Fifteen Galleryで5月18日(金)からスタート。デジタルセンサーとスキャナーに光を通すことで生み出されたイメージを、大判サイズのインクジェットプリントに引き伸ばし、それらを天井から吊るすことで彫刻的なインスタレーションを展開する。観る者は、まるで迷路の中を歩き回るような感覚でイメージを体感すること可能だ。

「私たちは視覚だけではく、体全体を使ってイメージを体験している」と、小山は語る。彼は、デジタルデバイスを用いることで、写真の新たな表現を模索しており、「写真の限界を越えていきたいと考えています。[…]写真は実際の現象をイメージに定着させ固定化するが、私にとって、それは『一時停止』のようなもの。私は常にその前と後があることを意識している」と続ける。

偶然とエラーを取り入れる小山の作品制作を理解する上で、「変容」という言葉がキーワードとなる。「写真というメディアの持つ曖昧さに惹かれる。そして、イメージによって形成されているといっても過言ではない時代において、その曖昧さこそ、現代社会そのものではないか」。膨大な数のデジタルイメージがあふれる中で、小山は作品を、物理的かつ直接的に経験することのできるインスタレーションに定着させることによって、その重要性から写真を逆説的に解放しているのだ。

「SENSOR_CODE」は、小山の試みを実際に体験することができるチャンス。ぜひ足を運んでみてほしい。

Text: Gemma Padley

タイトル

「SENSOR_CODE」

会期

2018年5月18日(金)~6月17日(日)

会場

Seen Fifteen(イギリス)

URL

http://seenfifteen.com/exhibitions-current/

Photons 040A, 2018

LightField #102, 2018

ReflectVague #28, 2018