Weather

ソウルのD MUSEUMで、グループ展「Weather」が開催中

AREA

韓国

Share

Trees, The Tribune, 2016 © Maria Svarbova

Trees, The Tribune, 2016 © Maria Svarbova

ギリシャ神話では雷神や稲妻の神が語られ、19世紀のイギリス文学では嵐が神業として登場し、ポップソングでは青空や雨というワードが楽曲のカラーを決める。このように「天気」はどの時代においても、私たちの思想や文化形成のエッセンスとなってきた。ソウルのD MUSEUMで開催中のグループ展「Weather」では、マーティン・パー、マーク・ボスウィック、水谷吉法ら総勢26名の作家が、それぞれ「日光」「雪」「雨」「霧」「雷雨」などを独自の視点で表現する。写真、ビデオ、サウンド、インスタレーションなど多様なアプローチを通して、アーティストたちが紡ぐそれぞれの物語は、きっと私たちの無意識に語りかけ、あの日のあの天気、あの感情を呼び覚ますだろう。

All images are provided by D MUSEUM

タイトル

「Weather」

会期

~2018年10月28日(日)

会場

D MUSEUM(韓国)

URL

http://www.daelimmuseum.org/dmuseum/onViewTab1.do

Dispersers of Light, 2018 © Mark Borthwick

Sellwood Docks (Oregon Summer), 2016 © Olivia Bee

Lake Garda, Italy, 1999 ©Martin Parr Courtesy of the Artist and Rocket Gallery

The Blizzard, 2017 © Lukasz Waszak

Yusurika 005, 2014 © Yoshinori Mizutani Courtesy of the Artist and IMA gallery

To Sunset, 2016 © James Nizam

The Pillars. Mount Martha, Australia, 2017 © Mustafah Abdulaziz

Claude Glass, 2013 © Commonplace Studio

Nimbus Roebourne, Pilbara, WA, 2017 ©Berndnaut Smilde Courtesy of the Artist and Ronchini Gallery

My Weather Diary, 2001-2018 © Jari Silomäki

Cloud Way, Street Errands, 2017 © Kanghee Kim

Havana, 2000 © Alex Webb