Talk
Mayumi Hosokura × Atsushi Sasaki

対談 細倉真弓×佐々木敦
被写体の向こうにあるイデアを求めて

AREA

東京都

Share

細倉真弓×佐々木敦

1 2 3 NEXT PAGE

これまでのスタイルのひとつの集大成ともいえる『Jubilee』と、磯部涼のルポルタージュに同行して撮影した『写真集 川崎』。前者はG/P Galleryでの個展「JJuubbiilleeeee」において、映像を含む洗練されたインスタレーションが行われ(2018年1月28日まで)、後者は細倉自身の練馬の小さな暗室で室内にプリントを張り巡らせるという、ある意味アンダーグラウンドな展示が行われていた。対照的ともいえる二作を貫く細倉の現在、そして写真家としての姿勢を、批評家の佐々木敦が訊く。

構成・文=IMA
写真=宇田川直寛

佐々木敦(以下、佐々木):『ルポ川崎』(磯部涼・著)の『サイゾー』での連載(磯部涼による連載の写真を細倉が撮影)をときどき見ていたのですが、連載時から話題沸騰で単行本も即重版でしたね。元々、細倉さんは川崎出身なんですか?

細倉真弓(以下、細倉):京都出身です。

佐々木:川崎の街自体はそんなに馴染みがあるわけじゃないんですね。

細倉:全然なくて。でも京都も駅の南の方とかごちゃごちゃしているので、東京のこぎれいさよりは馴染みやすかったですね。磯部さんほどではないのですが、川崎へは私も月に4回とか、1日2回とか行っている時期があって、足繁くは通いました。

細倉真弓『写真集 川崎』より

細倉真弓『写真集 川崎』より

佐々木:川崎でもそうですが、場所、土地の問題や要素ってあると思うんですよね。細倉さんは写真を撮るときに、特定の場所の好みや、合う、合わないってあったりするんですか?

細倉:ごちゃごちゃしていて、少し磁場がおかしい場所は引っかかって撮り始めることがあります。でも成り行きで場所が決まることも多くて、特に『Jubilee』は、台湾、香港、中国、東京で撮っているのですが、ざっくりアジアで作品を作りたいなと思ったときに、台湾でのレジデンスが決まったから台湾も撮ろうとか。川崎もある意味成り行きかもしれません。

佐々木:磯部さんとは、もともとどのようなつながりがあったのでしょうか?

細倉:『Quick Japan』などで何度かお仕事したことがあって。連載が始まる前に、代官山でBAD HOPが出演するイベントに一人で行ったら、磯部さんもいて、今度磯部さんが川崎についての連載をするという話になって。それがきっかけですね。

細倉の暗室で行なわれた「写真展 川崎」展示風景 撮影:細倉真弓

細倉の暗室で行なわれた「写真展 川崎」展示風景 撮影:細倉真弓

佐々木:その後、連載として一年半取材したんですよね。日本語ラップが好きだとwikipediaに書かれていましたが、いつ頃から聴き出したんですか?

細倉:2009年くらいから唐突に。文化系なので、きっかけはS.L.A.C.K.(スラック)でした。

佐々木:細倉さんの撮っている対象は、どちらかというと文化系っぽくないような世界や人間たちを撮ってきたイメージがあると思うんですが。

細倉:『写真集 川崎』でも肉体を撮っていますが、作品では一貫してヌードを撮っています。高校生の頃から肉体に対するオブセッションがすごくて、文化系なんですけど肉体への執着の方が強いんですよね。

佐々木:肉体の生々しさに惹かれるのですか?

細倉:はい。だからなぜヌードを撮るのか聞かれても特に理由がなくて。撮らないといけないっていう強迫観念みたいなもの。写真史でいう男性優位の視線ではないヌード写真を女性である私が撮るという理由も、後付け的にはあるんですが。

写真集『Jubilee』より

写真集『Jubilee』より

写真集『Jubilee』より

写真集『Jubilee』より

佐々木:理屈はつけられるけれど、ほんとはその前段階に何かあるってことですね。

細倉:それが一番撮っていて、気持ちいいというか。

佐々木:『Jubilee』は、長い期間で撮ったものから選んでいるんですよね?

細倉:2012年からいままでに撮った写真で構成していて、過去に撮ったイメージもあれば、以前の写真集で使ったイメージも入れていて、リミックスっぽい感じですね。最初の写真集『KAZAN』(2011年)と一番直接的につながっていて、ストレートに撮った写真とそれを加工した写真がフラッシュバックするようにまとめられています。例えば『クリスタル ラブ スターライト』(2014年)は実際に起こった売春事件を元に特殊な技法でプリントしたり、『Floaters』(2013年)は乳剤を塗った自作の印画紙で制作しています。

佐々木:一作一作に狙いがあったと。

細倉:いろいろ試した時期を経て、これまでの集大成を作ってみたのが『Jubilee』です。

1 2 3 NEXT PAGE