IMAPEDIA

エレナ・トゥタッチコワ
Elena Tutatchikova

現在知床半島峰浜地区で進行中のプロジェクトより

「Hour of the Sheep, North Wind, Sunny」(2015~現在)より

「Hour of the Sheep, North Wind, Sunny」(2015~現在)より

「Hour of the Sheep, North Wind, Sunny」(2015~現在)より

映像作品「With My Dinosaurs」(2016)より

写真シリーズ「林檎が木から落ちるとき、音が生まれる」(2014-2016)より

写真シリーズ「林檎が木から落ちるとき、音が生まれる」(2014-2016)より

写真シリーズ「Treasures」(2016)より

「木とチェーンソーと笛と他の木-風楽器のための歌」、第一集 II.杉 (「森の音のゆくえを辿って」より、茨城県北芸術祭、2016)

PROFILE

1984 –

ロシア、モスクワ生まれ。モスクワでクラシック音楽や日本の歴史を学び、アーティスト、日本文化や視覚表現の研究者、翻訳家として活動を始める。2012年より日本へ渡り、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻で学ぶ。自然と人間の関わりや文化的現象を通じた、人間の記憶の形成、想像力と風景認識の関係に関心を抱き、地域のフィールドワークを重ね、土地や個人の物語を採集し、写真、映像、音、文章で表現する。写真集に『林檎が木から落ちるとき、音が生まれる』(torch press、2016年)がある。近年の展覧会に、個展には「On Teto’s Trail」(Gallery Trax、山梨、2017)、「Hour of the Sheep, North Wind, Sunny」(STUDIO STAFF ONLY、東京、2017)、「In Summer: Apples, Fossils and the Book」POST(東京、2016)、フェスティバルには「茨城県北芸術祭」(2016)等がある。

公式サイト

http://elenatutatchikova.com/

関連商品を購入

IMA ONLINE STORE

関連記事

VIEW MORE TOPICS

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。