IMAPEDIA

Sony World Photography Awards

開催13回目を迎える今年は、プロフェッショナル部門(対象-組写真)、一般公募部門(対象-単写真)、学生部門(対象-大学など教育機関で学ぶアーティスト)そしてユース部門(対象-12歳から19歳のフォトグラファー)の4つのコンペティションで構成されている。
プロフェッショナル部門と一般公募部門の2部門では、建築、風景、ポートレート、野生生物など多種多様なカテゴリーを擁し、ありとあらゆるフォトグラファーが対象となる。

応募作品はすべて、業界屈指の専門家たちが毎年世界中からロンドンに集まって審査し、受賞作品が選出される。受賞者には総額60,000USドルの賞金やソニーの最新デジタルカメラが贈られる。

これまでの受賞者および最終選考通過者は、世界各国の有名ギャラリーをはじめ様々な施設で作品を展示され、世界展開の著名出版物において大々的に取り上げられている。

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。